お金を超える価値の発掘
  • その他
    その他
    カテゴライズできないニッチな活動
  • やってみた
    やってみた
    こんなこと、やってみました!
  • インタビュー
    インタビュー
    いろんな話、聞いてきました!
  • インターン
    インターン
    インターンは多くを学べる絶好の機会
  • 国際協力
    国際協力
    国境を超え活動しているライターの体験記
  • 留学
    留学
    留学を通して感じたこと・楽しかったことなどを綴った体験談
  • 祭り
    祭り
    祭りが人を熱くさせる
  • 自然保護
    自然保護
    自然の中で体を動かすのは、きっと皆さんが想像している以上に楽しい
pick up
Top

portfolio

週末は自然の中で体を動かすに限る!兵庫県の猪名川で自然保護の活動に参加してきた話

作業風景
こんにちは!代表の見城です。

先週末、流域ネット猪名川さんの活動に参加させていただきました!

活動参加からさらに1週間前、流域ネットの話を聞きました。それから気になっていた活動。今回は、その活動の報告を行いたいと思います。

1.活動の概要

流域ネット猪名川さんについてはこちらで詳しく書いています。

外来種から川の生態系を守る。流域ネット猪名川さんのお話聞いてきました!

今回の活動は、アレチウリの駆除でした。実際の活動の様子については2章で詳しく書いています。まずは活動の概要から。

1-1.活動した場所

実際に活動した場所は、伊丹空港のすぐ北あたり。

ほら!飛行機が(もうちょっと近くにいるときの写真撮ればよかった)

周りには大きな高架道路があったり、対岸では野球やってたり。今まで行ったことのある他団体での活動は、人が全然いないような場所での活動が多かった分、人目がある場所での活動は新鮮でした。

ただ、多くの人に見てもらっていても、僕たちが何をしているかわかっている人がどれくらいいるのかはわからない。もっと多くの人が、この活動や川のことに興味を持ってくれたら。そして、もっと多くの人が活動に関わってくれたら。

街の中の川が変わっていく。それってすごい面白いのにって思いました。

だからこそ、啓蒙活動の重要性もすごく感じたし、moireの活動がその助けになればと思いました。実際に活動に参加してもらうにも、その前に「知る」が必要ですしね!

左は河川、右は道路

河川の様子

1-2.活動時間

9:30 〜11:30の2時間ほど、活動しました。ただ、アレチウリは大量にあって終わりがなかったため、実際30分弱延長したし、まだまだ残っていたため、時間が足りないって感じはありました。

1-3.活動した人数

代表の水谷さんを含め、7名で活動を行いました。

6人..??(もちろん1人は写真撮ってるからですよ)

集合写真

ここから実際の活動の様子について書いていきたいと思います。

2.アレチウリの種を取りまくってきた

前述したように、活動としてはアレチウリの駆除を行いました。

このアレチウリは、ウリの仲間で、ほかの植物に巻きついて成長していきます。本当にいろんなとこに巻きついていて、あちゃこっちゃに伸びていました。一つの植物に、複数のアレチウリが巻き付いていて、アレチウリがお互いにも巻きついた感じになっていたところは、特に何が何だかわからない状態でした笑

このアレチウリ、ほんと広い範囲で広がっているため、ほかの植物の日光を奪うなどします。猪名川では、アレチウリによる生態系の破壊が問題であるために、今回はその駆除を行いました。

駆除といっても、アレチウリ自体を抜いていくのではなく、アレチウリが付けてる種を集めました。っていうのも、アレチウリは一年生植物であり、冬に枯れてしまうため、今生えている個体を抜いても仕方がないのです。(もちろんすでに枯れている個体もありました!)

なので、今付いている種を回収して、次の春に生えてくるのを防ぐための活動を行いました。

背の高い草が生えているところも

活動の様子

2-1.トゲトゲの種

アレチウリのタネには細い棘がたくさんあって、これが厄介でした。こちらがアレチウリのタネです。

トゲトゲでしょ?

アレチウリのタネ

この棘は、そこまで固くはなかったのですが(冬になってちょっと柔らかくなったらしい…)、すごいチクチクでした。

手には、トイレ掃除とかで使うゴム手袋をしていたのでよかったのですが、服に刺さってチクチクするのが地味に嫌だった笑

でも、事前の話では「棘がやばい」って聞いてたので、ゴリゴリなやつかと想像してたら、思ったより可愛いやつだったのでよかったです。すだちの棘は本当に固くて太かったので、それに比べれば可愛いものです。

ということで棘問題はゴム手袋で解決しました。しかし、本当の問題は他にあり…

2-2.タネ回収の難しさ

アレチウリ、前述したようにつるで伸びています。なのでこいつを引っ張ったらズズズ…ってどんどん引っ張れるのはいいのですが、引っ張ってる途中で種が他のとこに引っかかって取れちゃうのがちょっと問題。これには骨をおりました。

もっと上手く取れる方法はないものか…

2-3.作業楽しかったです

でもまあ、それ以外では困ったこともなく、もくもく、もくもくと作業しました。僕は1人で黙々と作業しながら、ふわっと色んなことを考えるのが好きなので、すごく楽しい時間でした

雑談が好きなら、作業しながら人と話すこともできるし、全然しんどいってことないです。

それに、朝は曇ってて心配だったのですが、途中で晴れてきて、気持ちの良い天気の中作業ができてよかったです。

僕なんかは普段、ほとんどの時間を机に向かい合って生活しているので、たまにこうやって外に出て作業すると本当に気持ちいい!

晴れてよかった!

快晴の猪名川

2-4.活動の成果

活動の成果がこちら!

活動成果

こちらに写っている袋26袋分のアレチウリを取りました。かなりの量!!

本当は、活動後の河原の様子も見て欲しいのですが、一面緑でよくわからないので写真上げるのはやめておきます。笑

現地でちゃんと見るとわかるんですけどね笑

3.人の繋がりっていいよねって話

流域ネット猪名川は、僕の知り合いの方が教えてくれました。能勢妙見山に月一回の頻度で森林保全の活動に参加させていただいていて、そこでお世話になっている方です。

他にも森林保護に関わっている方も紹介していただけそうで、どんどん繋がりが広がっています。ありがたい限りです

こういった人と人の繋がりってすごいですよね。1人じゃ到達できないところまで行けるような気がして。

流域ネットだって紹介していただけていなければ、多分活動に参加できていなかっただろうし、こういった繋がり大事にしていきたいです。

こういう意味で、「人の繋がりっていいよね」って話でした。

moireも人を繋げる団体に…がんばります!!

4.自然保護が趣味の中の一つのカテゴリーになってくれたら

自然保護として、軽く体を動かしながら作業をするって、たまにやると本当に楽しいものです。

僕はこういった活動をする際、自然を守りたいとかそういった想いとはまた別に、「純粋に作業が楽しい」っていうのもあります。

だから自然保護が、ボランティアでえらいことやってるみたいな位置づけじゃなくて、作業が楽しくてやってて、それが自然保護になってるみたいな感覚で世間に広まっていったらと思っています。

その上で自然保護に興味持ってもらえたらと最高ですよね。

それこそ、スポーツとかそういった趣味の中の一つのカテゴリーとして考えられるような、そんな社会を作りたいです。

…どうすればいいんだろうかwww

5.おわり

流域ネット猪名川は冬はあまり活動しないため、今後の活動は未定のようです。できればアレチウリ、もうちょっと取りたかったけど、こればかりは…

春からまた、アレチウリの駆除が始まります。そして僕は研究室生活が始まります。どこまで、自然保護に関わる時間が取れるかな…笑

できる限りは自然保護に関わっていきたいし、活動についてはどんどん発信していくので、今後も読んでいただけたら嬉しいです。

では!

人気記事ランキングに反映されます。クリックお願いします!
moire代表 見城 俊介
moireを通して「社会貢献活動が身近にある社会づくり」と「自然保護活動の普及」を実現します。大阪大学工学部4回。
関連記事
  • ボランティア地域の活動週末の活動

    宣言!週末は地元の活動に参加することをオススメします。だって車作での自然保護活動が楽しかった

  • ボランティア地域の活動週末の活動

    自然の中で汗をかく。週末の気持ちいい過ごし方をお教えします!!

  • akame
    ボランティア

    ボランティアって実際どうなの??参加しないとわからない、誰もが知るべき森林保護の偉大さ

  • ボランティア週末の活動

    木工を楽しみながら環境保全!?二週連続で、木からスプーンを作ってきた

  • 週末キャラバン

    気軽に自然に触れるには最適!週末キャラバン第一回・生物の観察会に参加してきた

  • 地域の活動週末の活動

    自然に囲まれ黙々と作業するのが最高すぎた!!