お金を超える価値の発掘
  • その他
    その他
    カテゴライズできないニッチな活動
  • やってみた
    やってみた
    こんなこと、やってみました!
  • インタビュー
    インタビュー
    いろんな話、聞いてきました!
  • インターン
    インターン
    インターンは多くを学べる絶好の機会
  • 国際協力
    国際協力
    国境を超え活動しているライターの体験記
  • 留学
    留学
    留学を通して感じたこと・楽しかったことなどを綴った体験談
  • 祭り
    祭り
    祭りが人を熱くさせる
  • 自然保護
    自然保護
    自然の中で体を動かすのは、きっと皆さんが想像している以上に楽しい
pick up
Top

portfolio

留学の意味、考えていますか?

留学の意味、考えていますか?

こんにちは。4回目の登場です。小香です。

今回のテーマは『留学の意味』

単純すぎてバカじゃないかと思うかもしれませんが、私が留学に来てからずっと思っていたことなので少しお話したいと思います。

1.はじめに

自分はなんのために留学するのか、留学に行ってなにをしたいのか。

留学に行ったことある人、行っている人、これから行こうとしている人。留学に興味があるとしたら多くの人は考えたことがあると思います。

ただ、留学が普及すると同時に、私たちも考えなければならない問題があることを、留学に来てこの身で感じました。

留学したことある方であれば、実際に体験したことがある方もいると思います。

まず現在の私の留学環境。

私が現在通っている大学は留学環境がとても整っていて、留学生がかなり多いです。
その中で中国語を学びに来る人、学部生や研究生として在籍している人、さまざまです。私は現在留学生クラスで中国語を学んでいます。

在籍する留学生の中で、分かっているだけでも日本人200人以上、他国から来た留学生約500人。学校内には23階建ての留学生専用寮があり、他にもサブの寮はありますが、それでも足りず校外で暮らす留学生も多数。

一番驚いたのは日本人の多さ。日本人が多いとは聞いていましたが、ここまでとは笑

そして改めて以下のことを実感しました。

2.海外で自分の母語を使う機会が増える

海外で自分の母語を使う機会が増えます。こんだけ日本人が多ければ当たり前といえば当たり前なんですが…。

他の国に関しても同じことが言えます。ここまで多いと同じ言語圏、国籍の人は少なからずいるので、自然とそのグループが出来上がります。頭ではわかっていても、やはり自分が一番話しやすい言語でコミュニケーションを取れるってすごく重要になってしまうんです。困ったときにはすぐに相談でき、一緒に冗談を言い合って楽しく過ごせるので。複数の言語が堪能で様々なグループに所属する人もいますが、少数です。

そして留学の生活の中でも。手続きのお知らせの張り紙が中国語以外にも韓国語と日本語があったり、日本人留学生会なるものが存在して生活のさまざまなサポートをしてくれたり。たいていの問題は日本語によって解決できるようになってます。

言語力が足りなくて少し不安という人にとっては良い環境かもしれないですが、本来留学によって付けられる力もつかなくなる、という欠点も生まれます。

3.現地で留学生としての生活が確立される

留学といえばその国の文化を体験できることも醍醐味です。

ただ、環境が整うと、大学生であれば現地の大学生の生活と少し距離が生まれます。

例えば現在私のいる環境であれば、先ほども言ったように留学生用の寮があるので、基本的に中国人の学生が住むことはありません。留学生同士の生活になります。中国であれば、学生は基本その学校内の寮に住むんですが、別の寮になります。また寮の設備も留学生にとって過ごしやすいように、よりたくさんの留学生が住みやすいように、現地の学生寮よりも少し整っています。

また、授業においても留学生のクラスであれば、当たり前に中国人はいません。ということで、単純に授業と寮生活だけでは、自然と中国人と交流する機会もなくなります。

考えてみると留学生という身分の上で仕方のないことではありますが、ひたすらその環境に浸りたい人にとっては少し物足りなく感じると思います。

4.大切なのは目的を持つこと

このような環境を目の当たりにして、私は留学に来る前よりも留学について考えるようになりました。

ただ流れに任せた生活を送っていると、海外で自分の母語を使う機会が増えるなにも得ることができないまま終わってしまうことになるからです。

留学に来る目的は必ずしも言語を学ぶことだけではありません。人によってさまざまです。私が今まで知り合った人のなかでは、大学の課程が終わったので少し遊びついでに学びに来たという人もいれば、社会人で少しお休みをもらって自分で興味があったからどんなところか見に来たという人もいます。

ただ、どんな理由であれ目的があればそれでいいと思います。目的を探すために行くのもいいと思います。それは自分で自分のことを考えているということになるので。

そして、海外で自分の目的に合わせて場所を選択することも大切です。

留学環境が整いすぎている上海ですが、その分その先駆者の経験をもとに自分はどうしたらいいか考えることができます。また、日本企業が多いので、中にはインターンをしたり、上海で働く駐在員と交流できる機会も多数あり、自分の将来についてことが出来る機会も多いです。

私の場合、この点を考慮して上海を留学先として選択しました。

一番好ましくないのは目的を持たずにただ海外で日常を過ごすこと

中にはみんながなんとなく留学するから、学校の制度だから、というような理由で留学する人もいます。

そして『留学した』という事実に満足して終わってしまう。

これってすごくもったいないと思います。もし自分の意志ではなく留学にきてしまった場合でも、その機会を利用して自分はどうしたいか、自分はどうすればいいか考えることができます。

大切なのは目的を持つこと。

途中でいくらでも変化して構わないと思います。

目的を持つことに意味があります。

留学を考えている人にとって、少しでも参考になれば幸いです。

5.おわりに

以上が留学に関しての私の意見です。

ちなみにこの記事を書いている今、大晦日です。

今年は上海で年越しです。毎年実家でのんびりしていたので、日本にいるときと比べて正月気分がないですね笑

2019年がみなさんにとっていい年になりますように。

人気記事ランキングに反映されます。クリックお願いします!
ライター 小香
犬を愛する旅行好きな中国語学習者。ただ今中国にて修行中です。老後は犬とともに暮らしたい。
関連記事
  • ロシアの路線図
    ヨーロッパ

    ロシア留学生が語る!!地下鉄からタクシーまで!サンクトペテルブルクの驚きの交通事情!

  • クリスマスマーケット
    ヨーロッパ

    ドイツ留学中の僕が驚いた4つのこと。日本とはあまりにも違う?だから面白い!!

  • 寮の景色
    ヨーロッパ

    ロシア留学の拠点。私の寮生活を公開しちゃいます!

  • ケルン大聖堂
    ヨーロッパ

    ドイツ留学体験談。最初の1ヶ月、ドイツ語が難しすぎてボコボコにされた話

  • 国内留学?〜ゲストハウスのアルバイトとは〜

  • ハイデルベルグの橋
    ヨーロッパ

    ドイツ留学体験談。学食から旅行、スポーツ環境まで、ハイデルベルク大学はなんとも良きかな。