お金を超える価値の発掘
  • その他
    その他
    カテゴライズできないニッチな活動
  • やってみた
    やってみた
    こんなこと、やってみました!
  • インタビュー
    インタビュー
    いろんな話、聞いてきました!
  • インターン
    インターン
    インターンは多くを学べる絶好の機会
  • 国際協力
    国際協力
    国境を超え活動しているライターの体験記
  • 留学
    留学
    留学を通して感じたこと・楽しかったことなどを綴った体験談
  • 祭り
    祭り
    祭りが人を熱くさせる
  • 自然保護
    自然保護
    自然の中で体を動かすのは、きっと皆さんが想像している以上に楽しい
pick up
Top

portfolio

新しいことに挑戦したいなら、workawayを使ってみよう

はじめまして。昨年の4月から大学3年次を休学し、いくつかのボランティアをしながら海外に居座っているミナミです。もうこの旅も終盤に差し掛かり、今年はステキな思い出がたくさんできたなあとしみじみしてしまいます。

こちらで記事を書かせていただくのは初めてなので、拙い文章かとは思いますが、わくわく楽しんで読んでいただければ幸いです。

今回は、私が実際にリアルタイムで利用している「workaway」というサービスに関する記事を書いてみました!

workawayって何?

Webサイト

Workaway.info the site for cultural exchange. Gap year volunteer for food and accommodation whilst travelling abroad.

workaway

workawayとは、ホストが宿と食事を提供する代わりに、ゲストが労働力を提供するサービスです。お金のやりとりは一切ありません。日本ではまだあまり知られていませんが、ヨーロッパでは広く知られているようです。

workawayのウェブサイトに登録されているホストの数は、なんと36000件以上!(2018年1月現在)ヨーロッパを中心に、世界中に利用者がいます。この中から自分が協力したいと思える活動を探し、気軽にボランティアに行くことができます。

ボランティアワークの内容は多岐に渡ります。ベビーシッターや家事のお手伝いなど簡単なことから、ホステルの管理人、ファームステイなど様々です。やりたいことがある程度決まっている方は、workawayのサイトにて絞り込み検索機能も使えますので、探しやすさもGOODです。

参加資格

基本的に誰でも参加できます!

しかし、ホストの方の説明文を見ると応募するのに条件がある場合もあるので注意が必要です。(例:英語のネイティブスピーカー限定等)

また、語学力についてはそこまで心配する必要はないかと思います。でもやっぱり、現地の言葉(または英語)を覚えておくと、ホストファミリーとの仲が深まりやすいので、勉強しておいて損はないです。コミュニケーションを積極的にとることで、充実度も変わってきますよね!

パスポートやビザ等、渡航のための手続きは自分で行わなくてはなりません。中にはサポートしてくれる方もいるかもしれませんが、それはホストの義務ではありません。あくまでも自分からボランティアをするために行くわけなので、期待しすぎてはいけません。

ボランティア活動への申し込みの流れ

① workawayのWebサイトへの登録(有料)をする
② 36000件のボランティアリストの中から参加したいものを探す
③ 詳細にしっかりと目を通し、ホストにメッセージを送る
④ ホストと直接やり取りしつつ、日程など細かい点の調整をする
⑤ 実際に現地へ行き、活動開始!
⑥ 活動後はレビューを書く

ドイツでのworkaway体験記

業務内容

アウトドアワーク
・乗馬場、馬小屋の清掃
・馬に餌や水をあげる
・花への水やり
・車の清掃
・枯葉の掃除

動物に混ざって働くのは初めてで最初は少し怖かったのですが、気づいたら馬が大好きになっていました(笑)
馬

枯葉を集める作業をしながらおじいちゃんにドイツ語を教わりました!
枯葉集め

インドアワーク
・ご飯の準備
・くるみを割り続ける
・洗濯、アイロンかけ
・掃除機
・室内ワックスかけ
・清掃全般
・小さな子ども、ペット(犬・猫)の面倒を見る

クルミを割り続けるという謎の作業もありましたが、その中でも楽しみを見つけつつ頑張りました(笑)

静かに自分と向き合う時間もとれたので良かったかな、なんて思います。

くるみ割り

一日の流れ

ワークのある日

7:00 起床
8:00 朝食
9:00~12:30 ワーク
12:30~13:30 昼食(みんなで)
13:30~14:30 休憩
14:30~17:00 ワーク
17:30~ 自由時間

ワークは週に5日、平均6時間/日でした。キリが悪くて残業することもありましたが、ホストの方はとっても優しかったので、

「そんなに熱心に働いてくれてありがとう!助かるわ!」

と全力で言葉にして伝えてくれたり、たまにお菓子やフルーツの差し入れをお部屋に持って来てくれたりしました。そのため、ボランティアワークに対するモチベーションが下がることはありませんでした。

その時の心境:こんなに良くしてくれるなんて、もっと力になってあげたい!!頑張る!!٩( ”ω” )و

ワークのない日
ワークのない週末は、近郊の街へ電車で遊びに行ったり、ホストの家族と一緒にお出かけしたりと、かけがえのない思い出ができましたよ!

ホストのおじいちゃんおばあちゃんが連れて行ってくれた、地元の小さなクリスマスマーケットは本当に素敵でした。

普通の旅行では経験できないようなローカルな体験ができるのも、workawayの魅力の一つではないでしょうか。

ホストファミリーと

ホストファミリーとの関係

ホームステイしに行ったわけなので、心の距離はかなり近かったように思います。

ホストファミリーは本当の家族のように接してくれました。毎日一緒にランチを食べていたのですが、毎回ホストのおばあちゃんのお手製ベジタリアンメニューを食べることができて、それがとてもおいしくて、ワークの活力になっていました。

またありがたいことに、専用のお部屋、バスルーム、キッチンまで用意してくれたので、プライベートの空間もしっかりと確保できました。

workawayも含め、ボランティアとして活動する際には、地元の人の生活スタイルに合わせることを意識しています。宗教や考え方、食の習慣も含めて、なるべくその土地の色に染まってみる。そうすると、お互いに気分良く生活でき、視野や考え方の幅を広げることにも繋がるのかなと感じました。

自由時間は?

活動場所が自然の素敵なところだったので、カメラを持って自転車に乗り、写真を撮りに出かけていました。

自由時間

自然が豊かなところで活動をすると、地球への愛情が深まります!いつの間にか、環境に優しい生活を心がけるようになりました。

ボランティア先からはアルプスが綺麗に見えたので、毎日のように山の写真を撮っていました!!朝日が昇るのをみんなで一緒に見るのも、楽しみの一つでした。

アルプス

結構な田舎でしたが、美しい湖には観光客もちらほら集まっていました。この場所は村の人たちの誇りだそうです。ガイドブックには載っていない、知る人ぞ知る美しい景色を見ることができて、その穴場感がとてつもなく良かったです。

美しい湖

workawayのメリット・デメリット

メリット

まず、宿代と食費はタダで、海外生活を体験することができます。とりあえずお金を持っていなくても生きていくことはできます。

さらに、ボランティアとして働くので、新しいスキルが何かしら身に付きます。語学力もそうですが、家事の能力があがったり、子どもとのかかわり方が上手になったりもするかもしれません。普段はできないようなリノベンションワークなんかに参加すれば、建築関係のお仕事に活きてくるかもしれないし、選び方によってはNGOやNPOの中で働くこともできるので、社会貢献活動に関する知識を増やす事もできます。

最後に一番のメリットとして、第二の家族のような存在ができます。お給料をもらって働くわけではないので、お互いに心から信頼しあいながら生活しなくてはなりません。労働の対価としてお金をもらうのではなく、寝る場所と食事を提供してもらえるので、ほぼ家族のような関係になれます!

デメリット

やはり、利用者全員が良いホストというわけではないです。申し込む前に注意深く仕事内容の詳細や過去のボランティアの残したレビューを読みましょう。また、曖昧な点があったら予めメッセージを送って質問しておくのが良いでしょう。

万が一悪質なホストに当たってしまったら、自分で何とかするしかありません。workawayのサイトはそこまでの責任を持ってくれるわけではないので、ホストが本当にいい人かどうかを慎重に見極めることが重要になるでしょう。

おわり

workawayについて少しでも知っていただけたでしょうか。お金の心配をせずに新たなことに挑戦できる、魅力的なサービスです。

私はドイツでのworkawayの体験を通して、家事やベビーシッター等今後も役に立つスキルを磨くことができたうえに、新しく動物や食品についての知識も学ぶことができました。そして何より、ホストファミリーとの出会いは一生の宝物になりました。

皆さんもぜひworkawayを活用してみてはいかがでしょうか。きっと今までにない、ユニークで貴重な体験ができることでしょう!

人気記事ランキングに反映されます。クリックお願いします!
ミナミ
関連記事
  • なぜカンボジアで日本語教育?
    アジア

    なぜカンボジアで日本語教育?僕がカンボジアでインターン参加を決めた訳

  • Youは何しにFushimi Inariへ?

  • ボランティア地域の活動

    日本を教えながら、日本を教えられる!?京都市国際交流会館(kokoka)のボランティアを紹介します!

  • English CAMP
    ボランティア週末の活動

    無料でキャンプ?子供たちと遊べて英語も学べるEnglish CAMPのお話

  • 教育ボランティア
    アジアボランティア

    長期ボランティア?留学?どっちがいいの?

  • アフリカ

    立ち上げろ!ケニアで『自走型孤児院』