お金を超える価値の発掘
  • その他
    その他
    カテゴライズできないニッチな活動
  • やってみた
    やってみた
    こんなこと、やってみました!
  • インタビュー
    インタビュー
    いろんな話、聞いてきました!
  • インターン
    インターン
    インターンは多くを学べる絶好の機会
  • 国際協力
    国際協力
    国境を超え活動しているライターの体験記
  • 留学
    留学
    留学を通して感じたこと・楽しかったことなどを綴った体験談
  • 祭り
    祭り
    祭りが人を熱くさせる
  • 自然保護
    自然保護
    自然の中で体を動かすのは、きっと皆さんが想像している以上に楽しい
pick up
Top

portfolio

木工を楽しみながら環境保全!?二週連続で、木からスプーンを作ってきた

二週連続で、週末を利用してグリーンウッドワークでスプーンを作ってきました。

無心で木を削るのってすごく気持ちいし、そうやって削っていくと形が出来上がってくるのが楽しいです!

今回はそんなグリーンウッドワークの様子をお伝えします!

週末に行える趣味としてすごくおすすめだし、新しいことを始めてみたい方はぜひ読み進めてください!!

グリーンウッドワークって何??

グリーンウッドワークとは、生木、つまり切ったばかりの木を利用してスプーンやお皿などを作ることを指します。いわゆる生木木工です。

昔は山の中で行われていたみたいです。っていうのも、山で切った木を降ろしてきて、その後削っていくよりも、山で削ってしまった方が降ろしてくるのに軽くて済むからです。

また、生木を使うメリットとしては、切ったばかりの木は水分を多く含み削りやすいため生木を使います。乾燥してしまうと硬くて骨が折れるのですが、生木は本当にザクザク削れるので気分がいいです。

あと、生木は削っているといい香りがしてくるので、それもなかなか乙ですね!

なぜグリーンウッドワークをするの?

じゃあ僕たちがグリーンウッドワークをするのは、作ったものを生活用品として使いたいからかというと、もちろん作ったものは利用するのですが、それ以上に楽しいからやっています。

本当に趣味の一環です。それくらい楽しいです!

また、もう一つ大事な理由があって、僕たちはグリーンウッドワークによくシロダモという木を使います。

この木はシカの嫌いな匂いを発するため、シカは食べません。しかし、シカはその代わり別の木を食べてしまいます。

そのまま放置していると、シロダモばかりがうっそうと茂る山になってしまうため、シロダモは保全活動の一環として適度に伐採しています

そしてこの伐採したシロダモ。せっかく切ったのだし、せめて何かに利用しようということで、スプーンなどに使わせていただいています。

木を削る気持ちよさ。形が出来上がってくる楽しさ

先ほど楽しいと述べたグリーンウッドワーク。ここからは、何が楽しいのかに迫っていきましょう!

木を削る気持ちよさ

まずは木を削るのが気持ちよい

スプーンを作る時はかなりの工程を、片手で持てる斧で行なっていきます。

その時はざっくざっくと削っていくのですが、それがなんとも言えない気持ちよさ。

なかなかうまく削れない時はむしゃくしゃするのですが、その分綺麗に削れた時は楽しくなります。

正直言って、この気持ち良さは体験してもらったら誰もが虜になると思っています。本当にみなさん、一回はやってみて!!

形が出来上がってくる楽しさ

最初はここからスタートします。

そして楽しいなって思いながらザクザクと削っていくと、次第にスプーンの形に近づいていきます。

僕はまだまだ初心者なので、なかなか綺麗な形にはなっていきませんが、それでも少しづつスプーンになっていくのが楽しいです。

ちなみに市販のスプーンって使ってるだけだとあまり意識しないのですが、作ってみると使いやすいように色々と工夫されていることがわかります。実際に作ることでそういったことが知れるのも、個人的にはすごく面白いと思います。

下手くそすぎて悔しい

こうやって記事は書いていますが、先ほど述べたように僕はまだまだ初心者で下手くそです。

特に、平らに削るのができない。どうしても傾いたりしてしまうんですよね。それが悔しすぎる!

写真だと少しわかりづらいのですが、スプーンのオモテ面を作っている途中です。ここが平にできるかで、スプーンの出来が左右されるのですが、なかなか平にできない。

今後もコツコツと腕を磨いていきたいです。

グリーンウッドワークはどこでできるの??

グリーンウッドワークってあまり耳にしないですよね??

実際この記事を読んで初めて知った方も多くいらっしゃると思います。

僕はいつも、大阪・能勢の妙見山でグリーンウッドワークをやらせていただいています。

グリーンウッドワーク | 能勢妙見山ブナ守の会

こんな景色の綺麗なところです!

能勢妙見山のブナの森を、次世代に残そうと保全活動を行なっているブナ守の会の、クラフト部という活動です。

だいたい月に一回ほどの頻度で行なっています。

落ち着いた雰囲気でグリーンウッドワークに没頭できるので、僕はものすごくこの活動が気に入っています。

誰でも大歓迎&メンバー募集中なので興味ある方はお気軽にご参加ください!!

最近はグリーンウッドワーク自体の熱が高まっているので、もちろん他の場所でもできると思います。ぜひ家のお近くで活動できる場所がないか探してみてください!!

おわり

ここまでグリーンウッドワークについて書いてきました!

とりあえずやってみたいなって思ってくださった方も多いと思います。実際僕も、ものすごくオススメしているし、もっと多くの方と一緒に活動できたら嬉しいなって思っています。

これを機に、新しい趣味としてグリーンウッドワークを始めてみてはいかがでしょうか?

人気記事ランキングに反映されます。クリックお願いします!
moire代表 見城 俊介
moireを通して「社会貢献活動が身近にある社会づくり」と「自然保護活動の普及」を実現します。大阪大学工学部4回。
関連記事
  • 集合写真
    ボランティア地域の活動週末の活動

    週末は自然の中で体を動かすに限る!兵庫県の猪名川で自然保護の活動に参加してきた話

  • 週末キャラバン

    気軽に自然に触れるには最適!週末キャラバン第一回・生物の観察会に参加してきた

  • 地域の活動週末の活動

    自然に囲まれ黙々と作業するのが最高すぎた!!

  • 集合写真
    ボランティア週末の活動

    能勢妙見山のブナ森保護活動が予想を遥かに超える好評ぶりだった話!!

  • ボランティア地域の活動週末の活動

    自然の中で汗をかく。週末の気持ちいい過ごし方をお教えします!!

  • ボランティア地域の活動週末の活動

    宣言!週末は地元の活動に参加することをオススメします。だって車作での自然保護活動が楽しかった