お金を超える価値の発掘
  • その他
    その他
    カテゴライズできないニッチな活動
  • やってみた
    やってみた
    こんなこと、やってみました!
  • インタビュー
    インタビュー
    いろんな話、聞いてきました!
  • インターン
    インターン
    インターンは多くを学べる絶好の機会
  • 国際協力
    国際協力
    国境を超え活動しているライターの体験記
  • 留学
    留学
    留学を通して感じたこと・楽しかったことなどを綴った体験談
  • 祭り
    祭り
    祭りが人を熱くさせる
  • 自然保護
    自然保護
    自然の中で体を動かすのは、きっと皆さんが想像している以上に楽しい
pick up
Top

portfolio

自然の中で汗をかく。週末の気持ちいい過ごし方をお教えします!!

4月なのに汗が滴る。心地よい疲れが広がる。僕は先日、山の中で汗水垂らしていました。

場所は大阪府能勢町は歌垣。ここで銀寄栗園の整備活動に参加してきました。くわやスコップを使っての活動は普段はしないため結構疲れましたが、それがとても気持ちよかった!

心地よい疲れとはこのこと!!ストレス解消になって最高!!

この記事では、そんな活動について詳しく書いていきたいと思います!!

どんな活動をしてきたの??

まずは活動の説明から始めましょう!

この活動は、大阪府能勢町の歌垣山で行われました。場所はこの辺り。

活動は「大阪自然環境保全協会」さんと「大阪みどりのトラスト協会」さんとが共催でやられていて、活動内容としては『銀寄栗園の整備』をしています。また栗園の整備を通して、絶滅危惧種に認定されている貴重な蝶々の保護も行なっています。

「大阪自然環境保全協会」さんのHP

「大阪みどりのトラスト協会」さんのHP

歌垣って知ってますか??

ところで皆さん!歌垣って何か知ってますか??

…知ってる?すごい!!

知らない人にも説明しますと、歌垣とは昔、男女が集まり歌いあったという風習が行われていた場所です。しかもその歌は、求愛の歌だとか。ちなみに歌垣は万葉集にも出てくるみたいです。そしてこの歌垣がそのまま地名になったのがこの場所。他にも筑波と佐賀県にも歌垣はあり、ここと合わせて日本三大歌垣山と呼ばれているみたいです。

今回はそんな由来を持つ歌垣での活動でした。

能勢が原産の銀寄栗

そして、銀寄栗の説明も少ししますね!

銀寄栗は全国で栽培されている品種で、ここ能勢町が原産になります。銀寄栗は大きくて美味しいという話を頻繁に耳にします。と言っても僕は栗には疎く、残念ながらここで詳しい説明はできません…

能勢が銀寄の原産ではあるものの、栽培量は多くないためなかなか手に入らないのが惜しいところ。他に栗の栽培が盛んな土地でも作られているようですが、地元の方に言わせると能勢の銀寄栗が本物と仰られます。秋になったら是非食べてみたいものですな。

最近植樹したばかりの栗の木。竹を添え木にしています。

今回活動した場所はこんな感じ

今回はこんな感じで、とても景色の良い場所での活動となりました。

下に黄色いネットが掛かっているの、気づきましたか??これは、鹿や猪から草木を守るためのネットとなります。こちらのようなネットが、保全中の場所をぐるっと囲んでいます。

このノンマネでも幾度も書いてきたのですが、今の日本の自然は鹿に脅かされています。新芽も成長した木もどんどん鹿に食べられ、鹿から守るのは本当に一苦労です。農業でも林業でも、それに従事されている方に聞けば、ほぼ間違いなく「鹿に悩まれている」と答えると思います。

そしてなんと!このネットに引っかかって死んだ鹿も見せてもらいました。ネットに引っかかって動けなくて息絶えたとのこと。もう肉もなく骨だけになって、全然グロい画像じゃないので安心してみてください笑

鹿が引っかかって柵が倒れてしまい、いつでも鹿の進入が可能な状態だったため、僕たちとは別の班はこのネットの補修をしていました。そして、活動が終わるころには綺麗に直っていました。

鹿の死体があったところがここです。柵が倒れていますね。

奥がネットが倒れていたところです。綺麗に直っています。

メインの活動。かやを根っこから掘り起こしたよ。

それでは、そろそろ僕が実際に行った活動について書いていきますね!

僕たちは、くわやスコップを使ってかやを根っこから掘り起こす作業を行いました。根っこは左右あらゆる方向に伸びていて、きれいに抜けなくてかなり苦労しました。

こんな経験は初めてで、最初はなかなか要領が掴めなかったのですが、一緒に活動した方がやり方を丁寧に教えてくれました。しかもその方は、それに加えてかやのこと、茅葺(かやぶき)のこと、他にも色々なことを教えてくださいました。歌垣での活動はこの時初めで、少しばかり不安もありましたが、色々な話をしてくださって楽しく活動することができました。

それに、他の参加者の方々も、本当に色々なことを教えてくださってとても勉強になりました。活動しながらそれが勉強になるのってすごく楽しいし、満足感がものすごくあります。

根っこを掘り返したところはこのように、黄色いテープで囲んであります。

ところで、かやってなに??

ここまで『かや(茅)』ってずっと書いてきていますが、

「かやってなんなん??」

って思われている方もいると思うので、少し説明します。ちなみにかやは茅葺(かやぶき)のかやです。昔の家の屋根に使われていたやつです。これを聞いてなんとなくぴんと来る方もいるんじゃないでしょうか??

もちろんわからなくても大丈夫です。僕も、こういう活動に参加してわからないことだらけですが、いつも教えてもらって色々と学ぶことができています。今回は僕が教える側ということで。

かやはイネ科で、皆さんが想像するイネのように、細長い茎を持った植物です。茎には耐水性があり、ツルツルっとしています。そのため、かやは茅葺として屋根の役割を果たすことができるのです。

ただ野生のかやだと曲がりができてしまうため、実際に茅葺に利用する場合は、かやがまっすぐ育つようにかや畑を作るみたいです。

活動後には、美しい景色を!

汗も滴る作業の後はご褒美も。

活動の後には、一緒に参加していた方に日本の棚田百選に選出されている長谷という場所へ連れて行ってもらいました。百聞は一見に如かず。電線があるのが若干残念ですが、それでも十分綺麗なのでお楽しみ下さい。

この場所は、ある古民家から見た景色です。この古民家はなんと、江戸時代あたりに使われていたものだそう。昔、別の場所にあったものを移築したみたいです。そのため、屋根は先ほどから出てきている、かやでできた茅葺。

ただこの茅葺、数年すると雨水などで腐ってくるため本来は修理しながら使うのですが、現代はそれをやるのに1000万くらいかかるため、腐ったら家ごと取り壊すみたいです。ちょっともったいないように感じますね…

中はこんな感じで、本当に昔のまま。ここまで昔の様子が残っているのも珍しくないですか?

後何年持つかもわからないし、せっかくだから使って欲しいとのことなので、機会を見つけて使わせていただこうかなと思っています。

見えてくる課題

このような週末の活動に関わるといくつかの課題が見えてきます。

活動の途中、ずっとメールでやり取りさせてもらっていた大阪みどりのトラスト協会の方や、実際にこの活動を行うにあたってメインで動かれている方達と、「どうしてこの活動をしているのか」について話し合える機会がありました。そしてそういった話を通して、様々な問題を再度確認することになりました。例えば、

・自然保護活動に参加する人の高齢化
・地元の方の無関心
・貴重な生き物の生息地がオンラインで広まることで、マニアに取られ尽くしてしまう

などなど。実際にこういった問題を解決するのはとても大変なことだとひしひしと感じます。しかし、そのような状況の中でも自然や地域を良くしようと奮闘する方達と一緒に活動できてよかったし、僕自身ができることは『若い人たちをなるべく引き込む』という部分だと強く感じました。

おわり

今回は歌垣での活動について書きました。この場所での活動は毎月第三土曜日に行われています。誰でも楽しめると思うので、ぜひ友人を誘って参加してみてはいかがでしょうか?

もちろん僕も日程の合う時は参加するし、とりあえずお試しで参加してみたいという方は是非一緒に活動しに行きましょう!!

こちらが活動のURLになります。
歌垣SATOYAMA楽舎|大阪自然環境保全協会

人気記事ランキングに反映されます。クリックお願いします!
moire代表 見城 俊介
moireを通して「社会貢献活動が身近にある社会づくり」と「自然保護活動の普及」を実現します。大阪大学工学部4回。
関連記事
  • 週末キャラバン

    気軽に自然に触れるには最適!週末キャラバン第一回・生物の観察会に参加してきた

  • 集合写真
    ボランティア地域の活動週末の活動

    週末は自然の中で体を動かすに限る!兵庫県の猪名川で自然保護の活動に参加してきた話

  • ボランティア地域の活動週末の活動

    住宅街のはずれのため池で驚きの活動!?週末のボランティアでため池の調査と外来種駆除の活動に参加してきた

  • ボランティア週末の活動

    木工を楽しみながら環境保全!?二週連続で、木からスプーンを作ってきた

  • akame
    ボランティア

    ボランティアって実際どうなの??参加しないとわからない、誰もが知るべき森林保護の偉大さ

  • 集合写真
    ボランティア週末の活動

    能勢妙見山のブナ森保護活動が予想を遥かに超える好評ぶりだった話!!