お金を超える価値の発掘
  • その他
    その他
    カテゴライズできないニッチな活動
  • やってみた
    やってみた
    こんなこと、やってみました!
  • インタビュー
    インタビュー
    いろんな話、聞いてきました!
  • インターン
    インターン
    インターンは多くを学べる絶好の機会
  • 国際協力
    国際協力
    国境を超え活動しているライターの体験記
  • 留学
    留学
    留学を通して感じたこと・楽しかったことなどを綴った体験談
  • 祭り
    祭り
    祭りが人を熱くさせる
  • 自然保護
    自然保護
    自然の中で体を動かすのは、きっと皆さんが想像している以上に楽しい
pick up
Top

portfolio

留学生・外国人という経験をして感じた3つのこと。

こんにちは。上海に留学中の小香です。

先日中間テストが終了し、日本のGWと被って、中国でも労働節という祝日で連休があります。日本に旅行に行く中国人も多いんじゃないでしょうか。

今回は私個人が留学生として、そして外国人として生活して感じた、自分の気付きをお伝えしたいと思います。

1.個性のオープンさ

今学期クラスで一人のニュージーランド人と知り合いました。ヨーロッパ系の顔立ちの男性。初めて話しかけてきた言語はなんと日本語。日本人の彼氏がいるから日本語を勉強したいとのこと。

ん?

耳を疑いましたが、なんの躊躇もなくその事実を言ったんですね。

また、彼も含め他のクラスメイトと一緒にいたとき、好きなタイプの話になり、彼はまた堂々と自分は男性が好きだと断言。周りもはじめ驚きはしても変な目で見ることはありません。日本だったらこうはいかないだろうなあと感じます。

彼にはいつも自分の意見を持ち、周りの人を理解し、その人の個性を受け入れる姿勢が感じられました。日本が大好きで、自分のことから日本のことまでいろいろな話をしてくれます。そういう彼の雰囲気で、私も話すたびに気分が明るくなります。もともと育った環境やその国の国民性が関連してくるのは言うまでもないですが、こういう個性が周りの人にも影響を与えるんだなと感じました。

2.選択肢の広さ

一言に留学と言ってもそのバックグラウンドはさまざまです。私は大学の専攻で、大学の交換留学プログラムがあったのでこうして留学していますが、周りでは

高校卒業して自分を高めるために留学
遊びで留学
仕事の都合で留学
自分の興味関心をさらに追求するために休職または辞職して留学

などほんとうに多様です。

そのような人たちを見て、小学校→中学校→高校→大学→就職…そういう決まりきったルーティーンしか自分の中になかったことに気付かされました。

日本で大学に通っているときは少しでも長く学生でいることがあまりよくないイメージ(留年とか)しかなかったので、私の中で「いかに良い仕事を見つけて自立するか。」という考えが中心でした。

でも実際は、別の選択肢もあるわけで、自分のやりたいことがあればそれを追求するために自分の予定してた方向を変えてもいいんじゃないかなと。もし環境が、条件が許すのであれば、その機会を利用しても損はないんじゃないかなと。自分の人生一回しかないんだから、自分の自由に生きないともったいない。と考えるようになりました。

3.知識と教養についての気づき

人との会話や授業で、日本のことについて聞かれることがありました。そしてよくあるのが、分かるけど中国語でどう言ったらいいかわからない、聞いたことあるけど説明はできない、知らない、という状況です。

中国語でどういったら言いかわからないという問題は自分が今学習している段階なのでしょうがないといえますが、問題は知らないということです。他の留学生が自分の国について聞かれて答えている中、自分は日本について聞かれて曖昧な答えしかできないという恥ずかしい事態がよくありました。さきほど話したニュージーランド人の彼の方が日本に詳しいときも笑

こういう事態、ほんとに日本人として恥ずかしいと思うし、今まで勉強してきたことはなんだったんだろうってなります。

好奇心がない。

これが原因かなと感じました。「今までしてきたことがその当時必要だったから、そうした方がいいと考えたから」という好奇心とは離れた考えでやってきたことが多く、必要なときが終わればすべて記憶からなくなっていきます。大学受験みたいに笑

ここで感じたのは、やることに対して自分が新しいことを学べると思って好奇心を持つこと、物事の楽しみを発見することが大切なんだということです。

もちろん自分が好きなことであれば問題ないですが、ときには興味がないこと、好んでやりたくないこともあると思います。そんなときでもこういうふうに考えることが出来れば、ストレスも少ないし、得られるものも増えるんじゃないかと思います。

おわり

聞いてみると当たり前で、海外留学体験あるあるだと感じることですが、見聞きするのと実際に身をもって体験する差がほんとうに大きいです。日本に留学に来る外国人でもさまざまなバックグラウンドを持った人がいますが、当時私がそういう人達と交流したときは自分が日本にいたということもあって、「自分は自分、相手は相手」と個性として割り切って判断してました。

今回留学して初めて、自分がどれだけせまい考えの小さい世界で生きてきたか、心から実感できます。

こういう考え方や感じ方も私自身の性格や経験、日本人としての考えが入っていると思うし、実際自分が今までさまざまな経験をさせてもらえるから言えることだとも思います。

これからの私の当面の課題としては、目の前のことをちゃんとこなしながら今後自分がどういう生活をしたいのかをちゃんと考えること。やっぱり一回の人生だから、後悔しない選択をできるようにしたいですね。

留学期間もあと2か月を切りました。まずはこの留学でやり残しがないように自分のペースで楽しんでいきたいと思います!それでは!!

人気記事ランキングに反映されます。クリックお願いします!
ライター 小香
犬を愛する旅行好きな中国語学習者。ただ今中国にて修行中です。老後は犬とともに暮らしたい。
関連記事
  • ケルン大聖堂
    ヨーロッパ

    ドイツ留学体験談。最初の1ヶ月、ドイツ語が難しすぎてボコボコにされた話

  • ロシアの路線図
    ヨーロッパ

    ロシア留学生が語る!!地下鉄からタクシーまで!サンクトペテルブルクの驚きの交通事情!

  • アジア

    なんで中国人ってあんなにマナーが悪いの?

  • ロシア文法テキスト
    ヨーロッパ

    ロシア留学生が大学でどんな授業を受けているかお教えします!

  • ヨーロッパ

    ロシアでの留学生活を終えて

  • 留学の意味、考えていますか?
    アジア

    留学の意味、考えていますか?